TOP MESSAGE

毎日、コツコツとまじめに積み上げてきたことが今の結果につながているのです。 トップメッセージ 代表取締役社長 大神輝広博

創業当初からの想い・こだわり

Q.創業当初の目標や具体的なエピソードなどあったら教えて下さい。

創業当初には、チェーン展開する構想などなかったんです。
「まずは一店舗目の成功」。それしか頭にありませんでした。とにかく毎日必死でお店の運営をしていましたね。そうしている内に、一店舗ずつお店が増えていきました。
13店舗までは、店舗のマネージメントからゴミの回収に至るまで全て自分自身でやっていたんですよ。
そして、60店舗までは、毎年、全従業員で湯河原に慰安旅行に行ったり、ボウリング大会を実施したりしていました。あの頃は、まだ今ほどの規模じゃなく、そういうこともできたので本当に楽しかったなぁと思います。今も、形を変えて従業員には多くそういう場を提供したいという思いが、従業員コンテストによる海外旅行贈呈や年に一回のスポーツ大会での交流の場になっています。

Q.他に、従業員に対する接し方、教育方法のこだわりはありますか?

常に「当社で働いてくれてありがとう」という気持ちを忘れないようにしています。
同時に、これだけ規模が大きくなっても従業員に対する教育はきめ細かく、そして継続して行うしかないと考えています。自分の足でできる限り店舗をまわり、直接従業員にアドバイスしたり叱咤激励したりもします。その際、教育の指針はやはり「お客様ありき、お客様第一主義」ということです。時には厳しい指導もするからにはしっかりと評価もします。その中でも目に見えて分かりやすい評価が「給与」でしょうか(笑)
だから業界の中でもトップクラスの給与を従業員には支払います。やはり「給与」も一つの豊かさだと思います。私はいつも従業員に言うのですが、休みの日にはそれを使って、めいっぱい家族サービスをして欲しいと思いますね。

Q.今でも従業員にアドバイスをされるということですが、大神社長自身の接客に対するこだわりはありますか?

私がお店に立っていた頃は、何より「お客様と楽しむこと」をモットーにしていました。お客様を楽しませること、は当たり前なのですが、楽しんで頂く為には自分も心から楽しまなくては、と感じていましたね。その心掛けが、居酒屋で最も大切である「楽しい空間、雰囲気」を自然に創り出していたのではないかと思います。

さらに企業として…

Q.それでは、事業展開に関する目標をお聞かせ下さい。

世界6,000店舗、年商1兆円。これがモンテローザの目標です。私の代では無理かもしれませんが(笑)
しかし、これからモンテローザを担っていってくれる若い力が必ずや達成してくれると思います。
あとは、「地道にコツコツ、一店舗ずつ」ですね。

創業当初からの想い・こだわり

Q.では最後に「次代を担う人材」へ社長からアドバイス、メッセージをお願いします。

仕事に限らず、自分のやりたいことを貫くには、忍耐が必要な場面もあると思います。「忍耐」「我慢」なんていう言葉は時代錯誤だと言われてしまうかもしれませんが・・、でもやはり自分の経験を踏まえて思うのは、その時少々辛く感じたとしても、それを乗り越えれば、必ず成長できるということです。逆に、すぐに挫折してしまうと、萎縮し、その後、チャレンジすることのハードルはどんどん下がっていくのです。反して、僅かな経験値ばかりが増える為、プライドだけが高くなり、次に挑戦できる幅は小さくなってしまう。その繰り返しに陥ってしまうと思うのです。
私が皆さんに伝えたいのは「ただ闇雲に耐えろ」とかいうことでなく、ハードルを越えた時にだけ立てる次のステージに、是非進んで欲しいということです。当社はそういう努力のできる人を評価します。 又、当社での活躍だけでなく、それを経て、自分を試すべく「独立」なんていう道を選ぶこともいいんじゃないかと思いますよ。当社で成長してくれれば嬉しいことですしね。とにかく、 器用貧乏でそつなくこなす人より不器用でもコツコツ努力できる、可能性ある"人材"を応援したいという思いが強いですね。
皆さんの可能性を試し、拡げるステージがモンテローザであれば本当に幸せなことですし、私もこんな風にして、やっと、ここまで来られましたので、是非、みなさんにも大いに努力し、大いにチャレンジして頂きたいと思っています。

このページの先頭へ